バーチャルリハビリテーションシステム(SilverFit)が日本語対応しました。

ソフトウェアの日本語表示、入力に対応しました。

よりわかりやすいインターフェースとなりました。