リアルタイムプラットフォーム grapevine NIP

 

神経科学、人工神経開発向けハードウェア、ソフトウェアプラットフォーム

grapevine NIP カタログ



ハンディなプロセッサで最大512chまで計測可能なgrapevine NIP。

刺激と計測を完全にデジタル処理。ヒトでも使えるアイソレーションされた安全設計。


プロセッサに、フロントエンド(アンプもしくはアンプ+スティムレータ)を接続します。

信号はフロントエンド部でデジタイズされます。

ご使用になられている電極へ接続できるようコネクタ部をカスタマイズ品を納品させていただきます。


接続例

setsuzoku1plusmarksetsuzoku2plusmarksetsuzoku3plusmarksetsuzoku4




本製品の最大の特長の一つにFastSettleがあります。FastSettleは刺激を与えてから信号復旧までの時間を1mSecまで短縮可能

FastSettle資料





紹介動画





論文

Ruff DA and Cohen MR (in press). Global cognitive factors modulate correlated response variability between V4 neurons. The Journal of Neuroscience 34 (49), 16408-16416.


Snyder AC, Morais MJ, Willis CM, Smith MA (2015) Global network influences on local functional connectivity. Nat Neurosci (in press)


Ruff DA and Cohen MR (2014). Attention can either increase or decrease spike count correlations in visual cortex. Nature Neuroscience 17(11):1591-7


Snyder AC, Morais MJ, Smith MA (2013) Variance in population firing rate as a measure of slow time-scale correlation. Front Comp Neuro, 7(176)



アプリケーション例

cortical decode

ECoG

EEG-BCI

MATLAB

RODENT

stim