Interacoustic VNG(ビデオ式眼振計測装置)

 

コストを削減するビデオ式眼振計

ビデオ式眼振計測装置VNGは、めまいや平衡機能を眼振から検査する前庭検査を行う事が可能な耳鼻咽喉科向けのシステムです。

検査項目:自発眼振検査、頭位眼振検査、頭位変換眼振検査、カロリック検査)

ビデオ式眼振計VNGはビデオカメラが付いたゴーグルを被験者に装着するだけで計測ができ、従来の電気眼振計(ENG)のように電極を貼ったり、校正を行う必要がありません。

ビデオで撮影された眼球運動の映像はリアルタイムに解析を行い、眼振の位置を自動で検出致します。計測終了と同時に緩徐相速度や眼振数などの数値を自動で計算しデータとして表示致します。
また、従来の電気眼振計のように筋電などのアーチファクトもなくデータの後処理もほとんど必要ありません。

ビデオ式眼振計VNGは従来の電気眼振計に比べ検査時間を大幅に短縮する事が可能です。

カメラ付ゴーグル

カバー装着前 カバー装着後




✴︎医療機器認証番号:225AKBZX00031000



カタログ ダウンロード

VNGカタログ※ PDF形式のデータをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。



 

関連製品

Interacoustics

VOG/VNG用両眼オプション
VOG/VNG用両眼オプション
ビデオ式眼振計測装置 VOG/VNG 用のオプション品です。CCDカメラで構成され、左右の眼球映像を同時に取り込み解析することができるようになります。
 
Nydiag 200 (眼振検査用回転椅子)
Nydiag 200 (眼振検査用回転椅子)
回転椅子「Nydiag 200」は平衡機能検査の回転眼振検査に使用する装置です。被験者に椅子に座らさせて回転刺激を与えることができます。VNG及びVOG眼振計測装置におけるソフトウェア内で回転椅子を制御することができますので、回転前中後での被験者の眼振記録はもちろん、眼球映像も確認することが可能です。
 
VOG/VNG用 検査用台
VOG/VNG用 検査用台
患者様の体形に合うよう昇降機能を有する眼振検査用の台です。顎台やモニターを設置することにより円滑な検査が可能になります。昇降は電動油圧方式で、スムーズな作動で安定かつ耐久性に優れています。移動や運搬を考慮し油圧機構部は密閉式です。
 
VOG/VNG用 架台
VOG/VNG用 架台
ビデオ式眼振計 VNG / VOG用の架台です。ゴーグルやパソコンを設置することができ、キャスター付きなため検査室以外へ眼振計を移動することが可能です。
 
VOG/VNG用 検査用椅子
VOG/VNG用 検査用椅子
昇降機能付きの検査用の椅子です。背もたれ付きのため患者様が安定して座ることができ、眼振検査に最適です。
 
VOG(ビデオ式眼振計測装置)
VOG(ビデオ式眼振計測装置)
ビデオ式眼振計VNGの前庭検査(自発眼振検査、頭位眼振検査、頭位変換眼振検査、カロリック検査)に加え、視刺激検査(ETT,OKN,サッケード)を行う事が可能なシステムです。視覚刺激の動きに合わせた眼球運動、眼振の解析などが可能となります。
 
VF(ビデオ式フレンツェル)
VF(ビデオ式フレンツェル)
VF(ビデオ式フレンツェル)は眼球映像のモニタリングを行なうことができます。アイカメラから取り込んだ映像をTVやPCモニタに表示し、眼球運動をリアルタイムにモニタリングしたり、DVDなどへ保存することにより、めまいが発生しているか観察することが可能です。
 
Air-FX(エアーカロリック装置)
Air-FX(エアーカロリック装置)
エアーカロリック装置「Air-FX」は、患者、医師、技師の負担を減らす新しいカロリックの検査を可能にする刺激装置です。従来の注水式とは違い温風、冷風を注入する事により温度刺激を与えます。
 
Aqua-FX(ウォータカロリック装置)
Aqua-FX(ウォータカロリック装置)
ウォータカロリック装置「Aqua-FX」は、患者、医師、技師の負担を減らす新しいカロリックの検査を可能にする刺激装置です。冷水30℃、温水44℃の設定によりいつでも正確な温度でのめまいの誘発が可能な刺激装置です。