Interacoustic Air-FX(エアーカロリック装置)

 

エアーカロリック装置

エアーカロリック装置Air-FXは患者様、検査員両方の負担を減らす新しいカロリックの検査方法です。

一般的な水を使用したカロリック装置とは違い温風、冷風を注入する事により温度眼振刺激を与えます。注水式に比べ被験者に対して負担が少ないカロリック検査を行う事が可能です。


また、エアーカロリックは検査技師の方でも行う事が可能です。

温風、冷風の温度管理もボタン一つで行う事が出来ますので容易にカロリック検査を行う事が可能となります。

 

 
 

カタログ ダウンロード

カロリックカタログ※ PDF形式のデータをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。

 


 

 

関連製品

Interacoustics

Nydiag 200 (眼振検査用回転椅子)
Nydiag 200 (眼振検査用回転椅子)
回転椅子「Nydiag 200」は平衡機能検査の回転眼振検査に使用する装置です。被験者に椅子に座らさせて回転刺激を与えることができます。VNG及びVOG眼振計測装置におけるソフトウェア内で回転椅子を制御することができますので、回転前中後での被験者の眼振記録はもちろん、眼球映像も確認することが可能です。
 
Aqua-FX(ウォータカロリック装置)
Aqua-FX(ウォータカロリック装置)
ウォータカロリック装置「Aqua-FX」は、患者、医師、技師の負担を減らす新しいカロリックの検査を可能にする刺激装置です。冷水30℃、温水44℃の設定によりいつでも正確な温度でのめまいの誘発が可能な刺激装置です。