微小循環解析ソフト CytoCamTools V2

 

CytoCamTools V2

微小循環解析ソフト


CytoCamToolsV2で血管系、密度(血管の量)、血流速度を自動出力が可能です。ビデオでの解析やテキスト出力に対応。



動画取込/確認画面

毛細血管取込画面

テキストデータ出力画面





CytoCamTools V2による血流評価方法


■MFI(Microcirculatory Flow Index)

血流は血管、毛細血管内の赤血球の動きから求めます。

MFI(Microcirculatory Flow Index)という指標を使い、記録した組織の範囲内の血流を4段階(0,1,2,3)に分けて評価します。


0 流れは無い

1 すこしの流れがある

2 ゆるやかな流れがある

3 普通の流れがある


相対値としての評価になり、(μm/S)のような単位をもった指標ではありませんのでユーザの主観に依存する評価指標です。

■PSI(PerfusedSpeedIndicator)

CytoCamToolsはPSI(PerfusedSpeedIndicator)という指標により"量の流れ"として血流を評価することが可能です。

SI(Speed Indicator)は以下の計算式で算出されます。

I(t):時刻t時点でのフレーム

n:ビデオのフレーム数

G:ガウス コンボリューション(σ2を10 σ1を20と指定)


SIが、ユーザにより定めるPT(PerfusedThreshold)値を超えた時点で 血管内のRBCの速度を評価することができます。


0< PT<= 1 流れは無い

1< PT < 5 ゆるやかな流れ

PT >= 5 はげしい流れ