VISUAL3D活用セミナー [BASIC] &[ADVANCE]

■概要

Visual 3DはVICONやXsensなどの3次元動作解析装置から得られたデータを処理して動作をCGで再現し、グラフを簡便に表示する汎用のアプリケーションソフトです。臨床歩行分析研究会の動作分析実習セミナー(札幌)でも使用され動作分析・歩行分析に有効なツールであることがわかりました。このソフトを実際に使い始めた方、これから使う方、使用を検討している方のために講義と演習をおこない使用法がマスターできるセミナーを企画しました。

【BASIC講習内容】
①VICONの計測(床反力計)
 Static gait3x2(通常歩行と膝曲げ歩行)
  リアルタイム処理実演
③バイオメカニクスの基礎(重心・角度・モーメント)
④VISUAL3D概略
⑤簡単なモデル製作
⑥パイプライン概略
⑦レポート

【ADVANCE講習内容】
①モデリング(マーカの動かし方 landmark mdh)
②パイプライン
③イベント (最大値)ゲイトイベントは自動
④マッスル
⑤バーチャルフット


■日時

[BASIC] 2020年2月8日(土) 10:00~16:40(受付 9:30~)
[ADVANCE] 2020年2月9日(日) 10:00~17:00(受付 9:30~)


■会場

スタジオLinkage047(ゼロシーセブン株式会社)
〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon 8F




■主催

インターリハ株式会社


■協力

ゼロシーセブン株式会社


■講師名

新潟医療福祉大学
勝平 純司 先生
北翔大学
山本 敬三 先生


■募集人数

20名(先着)


■受講料金

[BASIC]のみ参加 20,000円
[ADVANCE]のみ参加 20,000円
[BASIC][ADVANCE]両日参加 35,000円
※VICONユーザーの方は上記金額より5,000円割引致します。


■対象

VICONユーザー、臨床関係者、スポーツバイオメカニクス研究者、人間工学研究者など
VICONやVISUAL3Dにご興味のある方


■備考

非VISUAL 3Dユーザーの方には期間限定の評価用ライセンスを配布いたします。

■参加申請

セミナー参加を希望される方は下記のリンクにて参加申請をお願い致します。

https://www.irc-web.co.jp/seminar/2020020809


戻る